シンガポール旅行記 1 F1が見えるホテル(パンパシフィック・シンガポールホテル)

f:id:norijp01:20170619190131j:plain

2016年9月泊まったホテルの目の前でF1が開催されました。シンガポールF1レースはモナコと公道レースでしかもナイトレース。全くの偶然でしたが、決勝日と重なりサプライズな日となりました。

スポンサーリンク

 

 

 

何故か日曜日だけが2倍の値段

春に計画したシンガポール旅行。宿泊はマリーナエリアで見晴らしが良くて値段がお手頃なホテルで検索してところヒットしたのが、ここPan Pacific Singapore(パンパシフィックシンガポール)。トリップアドバイザーの評価もそこそこで、マリーナ側が空いているので早速アクセス。ネットで見たら一泊¥25,000程度でしたが、何故か日曜日だけは¥55,000オーバー??しかし3泊で良さそうなホテルはすべて満室でしたので仕方なく予約をいれました。

f:id:norijp01:20170503191349j:plain

午前11時にホテルに到着し、アーリーチェックインには早すぎるだろうと荷物を預けるつもりでフロントへ行くと直ぐにチェックイン。通常15時チェックインと書いてありましたので超ラッキー。その日は出かけるつもりもなかっただけに嬉しいサービスでした。

 

マリーナ・ベイが一望できる部屋

f:id:norijp01:20170503194229j:plain

最上階からひとつ下。確か32階だっと思いますが、思っていたとおりナイスビューな部屋です。正面にはマンダリンオリエンタルホテルとマリーナマンダリンホテルが見える風光明媚なロケーション。勿論対岸には誰でも知ってるマリーナ・ベイ・サンズも見えます。

f:id:norijp01:20170503194856j:plain

築30年以上経過してますが、ホテル外観、内部は斬新なデザインです。客室は広さは60m2程度で風呂も広いシックな造り。尚、当ホテルはルームキーが無いとエレベーターが使えないタイプなので外部からの侵入者対策は出来ていると思われます。

f:id:norijp01:20170619205743j:plain

シャワーの水量も問題ありません。バスもゆったりと入れる大きさです。ベットからガラス越しに丸見えですが、扉を締めることも出来ますので安心ください。また、キングサイズのベットは程度な硬さを保っていて快適。やはりホテルのベットは重要ですね。おかげで夜は爆睡出来ました。

 

午後から前座レースが始まる

自動車レースは今まで数回しか見たことはありませんが興味はありました。その自動車レースの最高峰F1が目の前で行われるとなると期待が高まります。

ましてレースをホテルから観戦するなんてイメージはまさにモナコレースしかありません。早速近くのコンビニでビールとワインの買い出しです。(この辺りがいかにも庶民らしいでしょ!笑)

午後14時を過ぎから前座レースが始まりました。動画はポルシェだけが走るワンメイクレース。高層ホテルの部屋まで爆音は聞こえてきます。かなり距離がありますので速さは差ほど感じませんが、車体の細部はスピードが早くて分かりません。

と言っても、たまたまレースが見えるホテルに泊まっただけです。本来はチケットを買って観戦すべきところですが、当日チケット¥30,000を出してまで見る程ファンではありません。笑

 

F1レースが始まった!

午後7時に待望のF1レースが始まります。32階から見ても昼間に見たポルシェとは明らかにスピードの速さと音が違います。どれだけ速さの違いがあるのか?同じホテルの部屋から撮影した対比動画をご覧ください。(動画としては大したことありませんから悪しからず)

 


2016 F1 Race

しかし、高層からでは今一つ迫力が伝わってこないのでホテルの下まで降ります。丁度良い場所があったのでそこでちょいと観戦。この距離からでも爆音は聞こえますが、F1カーは一瞬で通り過ぎるので全く見えません。目の前を過ぎて数百メートル行ったとことろでやっと車体が見えます。冗談だろうと思うでしょうが、この動画を見れば分かります。 尚、かなりの爆音がしますので音量には気をつけてください。


2016 F1 Race in Singapore

 

F1結果

f:id:norijp01:20170503211157j:plain

結局優勝したのは、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)で自身のグランプリ200戦目をポール・トゥ・ウィンで飾りました。最近テレビでもF1は見てませんでしたが、F1は選手寿命が長いのか?知ってる選手が多かった気がします。

残念だったのは、マクラーレン・ホンダです。フェルナンド・アロンソが4位に入賞しましたが、ジェイソン・バトンは途中リタイアになりました。興味のない方にはどうでも良い話ですが、一応備忘録として記しておきます。

F1レースは生涯2度目の観戦となりましたが、ナイトレースはシンガポールだけです。偶然でしたが、シンガポールにとっては国を挙げてのイベントに遭遇したことは幸運でした。

自動車レースが好きな方、イベントが好きな方。今年も9月に開催されます。開催中はレースだけでなく色んなイベントがあります。旅行を兼ねた修行としていかがでしょうか。

さて、F1グランプリが終了と同時に大花火がシンガポールフライアー近くで打ち上げらえました。次回その光景を動画も入れて報告したいと思います。

 

ロケーション

海外旅行に役立つクレジットカードはお持ちですか?

国内ならまだしも海外への旅行は多少リスクは伴いますよね。病気、事故、盗難。考えたくもないですが、最低限のリスク管理は必要です。あなたは万が一に備えていますか?

私も何度かスーツケースの延着やロスト。被害は大したことありませんでしたが、盗難の経験もあります。

自分で保証できる範囲のアクシデントは受け入れられますが、大きな被害を海外で起こってしまうと不安だけが先に立ち、どうして良いのかも分かりません。

そんな時、一番頼りになるのが保険です。でも掛け捨ての保険は勿体ない気がしてどうしても二の足を踏んでしまいます。

そこで私はしっかりと保証のあるクレジットカードを選びました。家から出た時から帰ってくるまで保証されれば不安の遠のきます。

また、海外には多額の現金を持ち込むことはしませんよね。今の時代、どの国に行っても現金は必要最低限に留めておくことも大切です。

ショッピング、食事等滞在先での費用はカードで決済が主流ですね。いざと言う時のキャッシング機能、万が一現地で病気になった場合の保障も旅行に有利なクレジットカードがありさえすれば無用な不安からも開放されます。

このようにあらゆる面から有益なクレジットカードは私達の味方になります。

その中、歴史があって恒久的に存続してる名門カードは安心、安定感があると思います。長期に利用するカード選びは高還元もそうですが、その他付加価値も考え総合的に判断した方が良さそうです。

qlabel.allec.jp

海外旅行でレストランを予約するなら

 

この度も最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ