厳選ホテルでリゾート気分を満喫しよう

国内・海外での宿泊・経験して良かった場所・内容についての情報をみんなで共有するブログです

バリ島 スミニャック (ザ・アマラ)カップルと女性に優しいプライベートヴィラ

f:id:norijp01:20170614174108j:plain

バリ島スミニャック地区にある隠れプライベートヴィラ「ザ・アマラ」はヌサ・ドゥア地区で有名な「ザ・バレ」や以前このブログでも紹介した「IZE スミニャック」と同系列であるライフスタイル・リトリートグループです。どのホテルも個性的でプライベートを大切にしてくれるこのグループホテルは、日本人に優しいホテルで私のお気に入りのひとつです。

スポンサーリンク

 

 

 

賑やかな場所なのに静かなホテル 

f:id:norijp01:20170614181628j:plain

場所はスミニャック地区クンティ通りにあります。近くには高級志向の食材を扱ったスーパーとして有名な「バリデリ」インドのアーユルベータが体験できる「プラナスパ」もある便利な場所ですが、入り口は狭く奥まった場所に建てられている隠れ家的なホテルです。

大型ホテルでは感じられないフレンドリーな接客と日本人スタッフの対応の良さが光ります。また12歳以上しか泊まれないホテルなので落ち着いて過ごせました。

 

プライベートプール付きヴィラ 

f:id:norijp01:20170614181924j:plain

プールはさほど大きくはありませんが、日焼けした身体をクールダウンさせるには丁度良いサイズです。プールサイドの壁は常に水が流れていて心地よい音に癒されます。

f:id:norijp01:20170614182257j:plain

バリ島特有のオープンリビングは、風がとおるので暑さは感じることも無く開放感があります。リビングと寝室はL字型に分けられており、私が泊まった部屋はバリのヴィラとしては狭い方でした。狭いと言ってもヴィラですからそれなりの広さ(200m2)はあります。

どうもバリ島に行くと部屋の大きさが日本にいる時と全く違うので、時々自分の感覚を疑うことがあります。苦笑

f:id:norijp01:20170614182952j:plain

開放的なリビングで昼寝をしたり、時に泳いだりしてのんびりと過ごすのがバリの良い所ですね。バリには観光地も沢山ありますが、私の一番は日本を離れゆったり過ごすホテルライフです。こうやって思い出しながら書くとまた直ぐに行きたくなります。笑

 

ヘルシーミールレストラン(バンブーレストラン) 

f:id:norijp01:20170614183545j:plain

レストランで頂く料理はすべて有機野菜と低カロリーを基本とした創作料理でありヘルシーミールです。

f:id:norijp01:20170614183923j:plain

写真は朝食で頂いたものです。カロリーもすべて表示されてますが、決して淡白な味付けではありません。偏食ぎみの私もすべて美味しく頂けました。女性には嬉しい気遣いですね。

 

スパ&ヨガ 

f:id:norijp01:20170614184745j:plain

私は体験しませんでしたが、スパとヨガも有名で宿泊者以外も利用されているとのこと。クタ・レギャン・スミニャック地区からなら無料に送迎もしているらしいです。聞くと価格もリーズナブルなこともあって女性に人気があるそうです。

また、しっかりと泳ぐならホテルの中庭に大きなプールもあります。木陰にはデイベットもあり、読書をしたり昼寝も自由です。

スポンサーリンク

 

 

ビーチまで歩いても20分

f:id:norijp01:20170614190222j:plain

ビーチサイドにあるアナンタラ・スミニャックホテルまで歩いて20分程。通り沿いには色んなお店が並んでいますので、ウィンドショッピングには最適でした。道もほぼ一直線に続くので迷うようなことも無いと思います。海の近くにはクラブやショットバーが夜遅くまで営業しています。

ビーチの夕日も有名なので、夕方からは観光客で賑わっていますよ~。

海外レストラン予約

 

ホテルのロケーション

地図上では約30分となってますが、日本からの到着は直行便を利用すると夕方17時過ぎになります。この時間は大変渋滞する時間でもあるのでホテルまで40分くらいはかかると思った方が良いです。タクシー代は1000円位です。

 

車のチャーター(観光) 

気になる点はひとつありました。ホテル専属のドライバーを利用して半日観光したのですが、たまたまなのかも知れませんが、当日のドライバーは、地理を余り理解してないようで道に迷うことが度々ありました。苦笑

専用運転手と日本語を話せるガイドを利用したチャーター会社が数多くあります。一日利用しても1台(6名まで)7000円~8000円程度なのでこちらを頼んだ方が良さそうです。

 

予約について

ホームページがあります。(後で知ったのですが・・・恥)日本語公式サイトにてオンライン予約も出来るようです。


海外旅行に役立つクレジットカードはお持ちですか?

国内ならまだしも海外への旅行は多少リスクは伴いますよね。病気、事故、盗難。考えたくもないですが、最低限のリスク管理は必要です。あなたは万が一に備えていますか?

私も何度かスーツケースの延着やロスト。被害は大したことありませんでしたが、盗難の経験もあります。

自分で保証できる範囲のアクシデントは受け入れられますが、大きな被害を海外で起こってしまうと不安だけが先に立ち、どうして良いのかも分かりません。

そんな時、一番頼りになるのが保険です。でも掛け捨ての保険は勿体ない気がしてどうしても二の足を踏んでしまいます。

そこで私はしっかりと保証のあるクレジットカードを選びました。家から出た時から帰ってくるまで保証されれば不安の遠のきます。

また、海外には多額の現金を持ち込むことはしませんよね。今の時代、どの国に行っても現金は必要最低限に留めておくことも大切です。

ショッピング、食事等滞在先での費用はカードで決済が主流ですね。いざと言う時のキャッシング機能、万が一現地で病気になった場合の保障も旅行に有利なクレジットカードがありさえすれば無用な不安からも開放されます。

このようにあらゆる面から有益なクレジットカードは私達の味方になります。

その中、歴史があって恒久的に存続してる名門カードは安心、安定感があると思います。長期に利用するカード選びは高還元もそうですが、その他付加価値も考え総合的に判断した方が良さそうです。

qlabel.allec.jp

まとめ

スミニャック地区の便利な場所にあるにも関わらずホテル内は静かです。道を挟んで両替所もあります、

お洒落で便利なこの地区としては価格もリーズナブル。ホテル内にスパがあってヘルシーな食事がいただけれるのでカップルや女性に似合うホテルですね。

日本語スタッフも常駐しているので言葉に困ることもありません。客層はオーストラリア人か日本人観光客が多いとことです。

バリ島に行くと大型ホテルよりこんなプライベートホテルを選ぶことが多いです。バトラーのこまやかサービスと従業員すべてが直ぐに顔なじみになれる少ない部屋数とフレンドリー感が大好きです。

この度も最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ