バリ島ジンバラン 家族連れから新婚まで絶対満足する超有名ホテル(アヤナリゾート&スパ クラブルーム)

f:id:norijp01:20170709181540j:plain

(※この記事は2017年7月に更新されています)

バリ島で新婚カップルから家族客までオールマイティで絶対ハズレの無いホテルがこの「アヤナリゾート&スパホテル」。

ビルディングタイプから憧れのヴィラまで広大な敷地に点在し、5つのレストランはインドネシア料理から和食まであらゆるニーズに対応しています。

また、断崖絶壁に作られた「ロックバー」はサンセットのスポットとして超有名です。今回クラブルームに泊まりましたので紹介させていただきます。

スポンサーリンク
 

 

 広大な敷地

    f:id:norijp01:20170320204611j:plain

正面玄関を潜り抜けるとインフィニティプール越しにインド洋が広がります。まず最初この光景に目を奪われること間違いなしです。

生花で飾れたレイをいただきました。少々照れますが、リゾートに来たって感じになれます。

 

                       f:id:norijp01:20170320205627j:plain

海が見渡せる場所まで行こうとすると何段もの階段を下りながら相当歩かないとたどり着きません。それほど敷地面積は広大です。

 

 

                       f:id:norijp01:20170320210111j:plain

敷地内にはこの様なオブジェが多数見受けらえるますがどれも立派なんですが、ユニークなんです。笑 点在したオブジェを散策するのも楽しいですよ

また、庭園内は常に清掃されているのでゴミひとつ落ちていません。落ち葉さえも無い清掃の行き届く園内に感心しました。

 

    f:id:norijp01:20170320210455j:plain

途中、大小12もあるプールに出会います。どのプールもコンセプトを持ってますから飽きることはありません。

気分によってプールを変えるってのも有りです。どのプールサイドにもベットがあるのでのんびり時間を過ごせます。

ゴージャスなヴィラ

    f:id:norijp01:20170320210722j:plain

クリフトップに並ぶ78棟もあるヴィラ。部屋の広さは最低300m2から。その広さと室内のゴージャスさは誰をも魅了するそうです。

本館エントランスからは少し離れていますが、専属のバトラーが何処に行くにもバギーで連れて行ってくれますので問題なさそうです。

次回は是非こちらに泊まりたいですね。

スポンサーリンク
 

 

クラブルームに泊まる

クラブルームは専用のラウンジでチェックイン・チェックアウトが出来ますので込み合うことは一切ありません。

エレベーターで部屋に行くにもカードキーが必要なのでセキュリティ対策は万全です。また、12歳以下は宿泊出来ないので大人の雰囲気を満喫できます。

    f:id:norijp01:20170320211308j:plain

私が泊まったのはこちらのビルディングタイプのクラブ棟です。

 

                        f:id:norijp01:20170320211630j:plain

部屋の中から外に向かって撮りました。テラスの先はインド洋です。

 

                         f:id:norijp01:20170320211816j:plain

落着きを感じさせながらもゴージャスな造り。心落ち着きます。

 

                         f:id:norijp01:20170320212017j:plain

ベットは女性に人気の天蓋付き。南国のホテルに気分に浸れます。別に部屋の中に虫がいる訳ではないので必要が無いと言えば無いんですが・・・・笑

クラブラウンジを利用する

                          f:id:norijp01:20170320214519j:plain

クラブルームに泊まると無料で使えるのがこのラウンジ。朝7:00~23:00まで時間帯によって食事内容が変わります。アルコールも無料ですから、非常にお得感を感じます。

    f:id:norijp01:20170320215500j:plain

    f:id:norijp01:20170320215542j:plain

余りに快適な環境なので何度も利用させていただきました。朝から晩までずっとビールを飲んでいたような気がします。

※残念ながら2017年8月31日をもって「クラブルーム・クラブスウィート」は廃止されるようです。気に入られたらお早目にどうぞ。

海外レストラン予約は 

 

スポンサーリンク
 

 

ロックバーで夕日でも

    f:id:norijp01:20170320212401j:plain

アヤナと言えば、このロックバー。夕日を見ながらカクテルはいかがでしょう。

ここに行くには専用のゴンドラに乗ります。平日でもかなり混んでいますが、宿泊者は優先されますので、ほとんど待つことはありません。

ゴンドラで行くロックバー

                      
                                        AYANA Rsort & Spa Lift & Rock Bar

行きの下るゴンドラから撮影しました。かなり急斜面を下って行くのが分かると思います。

    f:id:norijp01:20170320215632j:plain

本当に綺麗な夕日が見えます。ロケーションは最高です。

ただし、日が沈む前までは非常に日差しが強いのでご注意ください。

ダイヤモンドミラクルスパ

    f:id:norijp01:20170320225449j:plain

ダイヤモンド、シルクそして真珠。これらを一度に、ため息の出るような豪華なスパで楽しむこと以上の贅沢は、この世にはないでしょう。2時間半の至福のときを「ダイヤモンドミラクル」トリートメントで満喫してください。夢のようなひとときはまず、フットバスから始まります。珊瑚と海藻を使ったボディスクラブで古い角質を優しく取り除いたあと、500本のバラの花びらを贅沢に浮かべたローズバスでおくつろぎください。続いて、シルクと真珠の成分が入ったオイルを使ったバリニーズマッサージ。さらに「ラメール」フェイシャルでは、海の水晶とダイヤモンドの粉末を使用し、輝くような美肌へと導いてくれることでしょう。シャンパンとストロベリーはご要望に応じ、追加料金にて承ります。(アヤナHPより引用)

www.ayana.com

アヤナにはこんな豪華なスパもあるようです。お姫様になった気分で最高のもてなしを受ければ一生の思い出になることでしょう。 

ロケーション

国際空港から車で約30分。しかし、バリ島は時間帯によってかなり渋滞します。少し余裕をもって行動されることをお勧めします。

 

姉妹ホテル(リンバ・ジンバランン)

    f:id:norijp01:20170709173654j:plain

    f:id:norijp01:20170709175005j:plain

アヤナホテル系列のリンバ・ジンバラバンへは専用のトロリーが便利です。アナヤに泊まればリンバで朝食を取ることも出来ます。

なので見学も兼ねて行ってきました。雰囲気は最近はやりのデザイナーズ・ホテルですね。レセプションに飾られているオブジェもスタイリッシュでとてもおしゃれ。

アヤナとの差別化を図って建てられていると思います。また、アヤナより多少料金を低く設定してることもあって若い女性客と家族客が多かったようです。

    f:id:norijp01:20170709174057j:plain

    f:id:norijp01:20170709174111j:plain

レセプション棟の正面からずっと奥に進むと目の前に円形でユニークな形をした人工池?が目に留まります。見晴らしの良いこの場所で休憩したり、友達と会話をするにはベストな場所です。

私は昼に行きましたが、夕方ならジンバランベイのサンセットがとてもきれいに見れると思います。

    f:id:norijp01:20170709174639j:plain

プールの先に見えるのがホテル棟です。全403室もある部屋の中には、直接プールにアクセス出来る部屋。トロピカルガーデンが望める部屋。ジンバラン湾を一望できる部屋など多岐にわたる部屋があるようです。

 

    f:id:norijp01:20170709174716j:plain

    f:id:norijp01:20170709174734j:plain

ホテル全体の印象ですが、まず鮮やかな花が敷地内を埋め尽くしている感じを受けます。燃えるような赤を中心とした花と青いプール。華やいだイメージの中、リラックス出来る環境が備わっています。

プールの脇には大きなパラソルが付いたデイベット。更に有料ですが、ガレージのように引き込まったデイベット付きの部屋?もあります。うまく作ってますね~

ここなら、日焼けを嫌う方でもゆっくりと過ごせそうです。客の様々なニーズに対応できるように設計された現代的なホテルではないかと思います。

以上リンバ・ジンバランのレポートでした。

 

海外旅行に役立つクレジットカードはお持ちですか?

 

国内ならまだしも海外への旅行は多少リスクは伴いますよね。病気、事故、盗難。考えたくもないですが、最低限のリスク管理は必要です。あなたは万が一に備えていますか?


私も何度かスーツケースの延着やロスト。被害は大したことありませんでしたが、盗難の経験もあります。


自分で保証できる範囲のアクシデントは受け入れられますが、大きな被害を海外で起こってしまうと不安だけが先に立ち、どうして良いのかも分かりません。


そんな時、一番頼りになるのが保険です。でも掛け捨ての保険は勿体ない気がしてどうしても二の足を踏んでしまいます。


そこで私はしっかりと保証のあるクレジットカードを選びました。家から出た時から帰ってくるまで保証されれば不安の遠のきます。


また、海外には多額の現金を持ち込むことはしませんよね。今の時代、どの国に行っても現金は必要最低限に留めておくことも大切です。


ショッピング、食事等滞在先での費用はカードで決済が主流ですね。いざと言う時のキャッシング機能、万が一現地で病気になった場合の保障も旅行に有利なクレジットカードがありさえすれば無用な不安からも開放されます。


このようにあらゆる面から有益なクレジットカードは私達の味方になります。


その中、歴史があって恒久的に存続してる名門カードは安心、安定感があると思います。長期に利用するカード選びは高還元もそうですが、その他付加価値も考え総合的に判断した方が良さそうです。

qlabel.allec.jp

 

まとめ

バリと言えばアヤナ。空港からも20分程度で行ける便利な大型リゾートホテルです。クラブルームからヴィラまで客室の選択義技は豊富な上に、ゴージャスなスパからプールまでアクティビティも揃っています。

更に館内のショップには有名なジェンガラ陶器、アタ雑貨も豊富なので一度入館すれば、他へ出かけることさえ億劫になりそうです。

ちなみに私は、チェックアウトまでホテルから出ることはありませんでした。笑 

 

🔳価格   ¥30,000~

🔳接客対応 スタッフが丁寧に対応してくれます。(日本語も担当者が対応してくれます)

🔳食事   敷地内に5つのレストランがあります

🔳個人的評価 ☆☆☆☆

 

※旅行会社をつうじて予約するとほぼ空港からホテルまで日本語のできるドライバーが連れて行ってくれますので安心です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ