バリ島スミニャック 一番おしゃれなで中心街にあるブティックホテル(アイズ スミニャック)

                      f:id:norijp01:20170320221250j:plain

※この記事2017年7月に更新されました。

バリ島で一番お洒落な街と言えばスミニャックではないでしょうか。しかもその街で人気レストランが連なるカユアヤ通りのど真ん中に位置するブティックホテルがIZE Seminak Hotelです

 

立地条件が完璧なのに価格はリーズナブル。今回はIZE Seminak Hotelを徹底解説してみます。

スポンサーリンク

f:id:norijp01:20170303230955j:plain

結構斬新?大胆?なデザインのホテルです。Kayu Aya通りのど真ん中に位置してますからすぐに見つけることが出来ます。

空港から時間帯にもよりますが、約30分程度。料金は約1,200円だったと記憶します。

 

デンバサール国際空港には1F空港ロビーから出たところに専用のタクシー乗り場があります。

 

行先によって価格が表示されてます。行先を告げて先に支払ってタクシーに乗ることになります。

 

注意)

ただし、そこで安心してはいけません!タクシーまで案内される時に、すっとスーツケースを運んでくれる現地人が現れます。

 

最初、サービス良いなぁと思っていたら大間違い!タクシーに荷物を入れると金を要求してきます。これが空港で悪名高きポーターです。

 

ポーターは空港ロビー内だけに居るのではありませんよー!

 

その時は、いきなり100,000ルピア(約1,000円)を要求されました。運んだのはたった50mほどです。

 

最初はたどたどしい英語で値引きを要求しましたが、ひつこく粘るので最後は日本語で多少声を荒らげ100円払ってタクシーに乗り込みました。笑

 

空港内では未だに何処でも荒手のポーターがいますので、スーツケースは人に預けることなく自分で持ち運びましょう。

 

この件、非常に大事です。折角のバリ島到着時のテンションが一気に冷めてしまいます。お気を付けください。

 

この時は、エバー航空を利用し、台北で一日観光後、翌日の夕刻入国しました。通常、日本からはインドネシアのフラッグシップであるガルーダインドネシア航空を利用される方が多いと思いますが、この便を利用しても夕方到着です。 

ですから、すんなりと入国出来ても、ホテル到着はPM19:00頃になります。

コンパクトですがお洒落な部屋 

f:id:norijp01:20170304101938j:plain

 清潔感があってまとまっている印象を受けます。聞くところによると、女性客に人気があるってスタッフは言ってました。

 

街中に建てられていますので、ショッピング・街歩き・有名レストランには非常に近い。気が向いた時にお出かけって事が可能です。

 

なお、日本から当日宿泊される場合は、先ほど書いたとおりPM19:00頃チェックインとなりますので、人気のレストランは早めに予約されることをお勧めします。

f:id:norijp01:20170304102208j:plain

シンクは一つですが機能的に作られています。部屋によっては、バスは無くシャワーのみの部屋もあるようですので予約の際はご確認を。

 

でも、ひととおりのアメニティは揃ってますので何かが無くて困るってことはまったくありません。タオルの追加も電話で頼めば快く持ってきてくれます。

 

                        f:id:norijp01:20170320221344j:plain

ホテルのデザインが素敵だなと思ってましたら、ヌサドゥア地区で有名な「ザ・バレ」バリ西部にある「ザ・ムシャンガン」

同じスミニャック地区にある「ザ・アマラ」と同系列のホテルでした。

 街歩きに疲れたら、屋上のプールへどうぞ

f:id:norijp01:20170304103539j:plain

スミニャック地区が見渡せるプールで泳ぐのも良し、夕日を見ながらのんびりするのも良し。ごゆっくりお過ごしください。

 

どの時間帯も込み合うことはないですし、屋上のプールは日に照らされていますので、冷たさも感じることも無いと思います。

 

喉が渇いたら、プールサイドのバーで冷たい飲み物で喉をうるおす。大きなベッドタイプのソファもありますからリゾート気分は高まりますよ!

 

また、夕方は綺麗な夕日が望めます。存分に楽しんでください

 

                     f:id:norijp01:20170320221420j:plain

スミニャックは昼間より夕方以降賑やかになります。ホテル周辺ではライブバンドの演奏も夜遅くまでやっています。

 

日が暮れたところで、予約していたイタリアンレストラン「Ultimo」に行きました。歩いて1分程の場所です。

ここは結構流行っているので予約は必須ですが、味は確かに日本人にも合っています。

店内は薄暗いのでちょっとメニューが見にくいのと日本語では書いてませんのであしからず。

その後、私はホテル1Fにあるオープンレストラン「SINGLE MALT」でビンタンビールをいただきました。

バリ島らしい賑やかで人が行きかう風景と何処となしに聞こえてくるライブ演奏を聴きながら飲むビールも普段以上に旨さを感じます。

 

また、ホテル目の前にあるコンビニで両替をしてみましたが、レートも安定していたのでこの点も便利だと思います。

 

Ize Seminyak公式サイト

海外レストラン予約は 

 

ロケーション

空港から車で約40分ですが、バリ島は時間帯によってかなり渋滞します。特に日本から直行便で到着する夕方はバリ在住の方の帰宅と重なります。

バリに着いていきなり渋滞は辛いですが、イライラは折角の旅を台無しにしかねません。少し心に余裕を持ちましょう。

 

海外旅行に役立つクレジットカードはお持ちですか?

国内ならまだしも海外への旅行は多少リスクは伴いますよね。病気、事故、盗難。考えたくもないですが、最低限のリスク管理は必要です。あなたは万が一に備えていますか?

 

私も何度かスーツケースの延着やロスト。被害は大したことありませんでしたが、盗難の経験もあります。

 

自分で保証できる範囲のアクシデントは受け入れられますが、大きな被害を海外で起こってしまうと不安だけが先に立ち、どうして良いのかも分かりません。

 

そんな時、一番頼りになるのが保険です。でも掛け捨ての保険は勿体ない気がしてどうしても二の足を踏んでしまいます。

 

そこで私はしっかりと保証のあるクレジットカードを選びました。家から出た時から帰ってくるまで保証されれば不安の遠のきます。

 

また、海外には多額の現金を持ち込むことはしませんよね。今の時代、どの国に行っても現金は必要最低限に留めておくことも大切です。

 

ショッピング、食事等滞在先での費用はカードで決済が主流ですね。いざと言う時のキャッシング機能、万が一現地で病気になった場合の保障も旅行に有利なクレジットカードがありさえすれば無用な不安からも開放されます。

 

このようにあらゆる面から有益なクレジットカードは私達の味方になります。

 

その中、歴史があって恒久的に存続してる名門カードは安心、安定感があると思います。長期に利用するカード選びは高還元もそうですが、その他付加価値も考え総合的に判断した方が良さそうです。

qlabel.allec.jp

まとめ

個人的には、バリ島の中心地クタよりも、ちょいおしゃれなスミニャックのほうが好きです。小さなブティック、土産物屋、アイスクリームショップ。

 

色んな店が通り沿いに並んでしますので、街を散策するにはとても良い所です。海にもそれ程遠くありません。

 

今回は「スミニャック・立地条件・おしゃれ・リーズナブル」を条件にこのホテルに決めましたが納得です。

 

勿論、海沿いには、老舗ホテル「ザ・レギャン」、ヴィラとスパで有名な「ザ・サマヤ」、バリなのにアメリカンっぽい「W リトリート」等泊まってみたいホテルは満載です。望むホテルは絶対見つかるのが、バリ島の良さですね。

 

また、バリ島で思い浮かべるのは「スパ」ではないでしょうか?

 

この旅でも、スミニャックにある超有名な「ザ・サマヤ」内にある「海の見えるトリートメントルーム」にて施術してもらいました。

 

男がスパ?!って思われるかもしれませんが、メンズエステコースもちゃんとあります。笑

 

このスパルーム 部屋に入ると海が一望できます。た・だ・し!スパが始まると基本うつ伏せ、仰向けになりますから綺麗な眺望は一瞬です。涙

 

ゴージャスな気分で心地よい時間を過ごされたい方にはお勧めです。

 

http://seminyak.thesamayabali.com/jp/experience/spa/

 

🔳価格   ¥12,000~

🔳接客対応 若い女性スタッフが丁寧に対応してくれます。(但し、英語のみです)

🔳食事   すぐ近くに人気レストランが数多くあります

🔳個人的評価 ☆☆☆☆

 

※旅行会社をつうじて予約するとほぼ空港からホテルまで日本語のできるドライバーが連れて行ってくれますので安心です。

 

最後まで長文読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ ホテルへ